--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.09.27

大きなお世話でした

本日お風呂に行ったときの事です
フロントで貴重品を預けようとしたら、前の人たち3人組がやたらと荷物を沢山預けてた。
ロッカーは小さくてあまり入らないみたいで、結局三つのロッカーに分けていれて、三つのキーを一人の人に預けてた。 あとの二人はとっくに浴場へ行ってたという状況。

その最後に残ったじいさんが左手首に三つのキーをつけて浴場へ向かった。 俺はフロントのおばちゃんに「いや、二つのキーを最後のロッカーに入れてそのキーを渡せばいいじゃない?」って言ったんだけど。
おばちゃんは「いやいや、みんな別々にお風呂から上がったとき困るでしょ?」って、確かにそれぞれキーを持って入れば一番いいけど、一人はおばちゃんで女湯に入っていったしもう一人も先に男湯に行っちゃったし、荷物はそれぞれ量が違って三つのロッカーはスクランブル状態。

どう考えても、三つのキーをつけて入ったじいさんが不憫でならないです。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://neofurio.blog48.fc2.com/tb.php/136-c6fad6a0
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。