--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.12.10

父親たちの星条旗

父親たちの星条旗

硫黄島戦2部作、ついに日本からみた「硫黄島からの手紙」が公開になったので、アメリカからの視点でつくられた「父親たちの星条旗」を見てきました。
凄惨な戦闘シーンの連続でした。
上陸シーンを見て「プライベート・ライアン」を思い出したのは私だけでしょうか?
こちらの方は戦闘シーンもさることながら、兵士が国の思惑に翻弄される人生を映し出した映画でした。
結局は英雄はどこにも存在しなかった。
全ては作られた偶像にすぎませんでした。
戦争では全ての人が犠牲者だったのかもしれません。

アメリカにおいての硫黄島戦は、ごく一部の人達の戦争だったように見えました。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://neofurio.blog48.fc2.com/tb.php/172-79521e64
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。