--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.12.10

硫黄島からの手紙

硫黄島からの手紙

引き続き「硫黄島からの手紙」を観ました。
二部作と言われるように、戦闘シーンでは「父親たちの星条旗」で出てくるシーンをうまく使ってました。
同じシーンで表と裏からの撮影といった感じ。
どちらかと言うとこっちの方が戦争映画という感じです。
こちらは友のためというより、やはり国のためと言った当時の日本の色がよく出ています。
日本もアメリカも同じ時代を映し出しているにもかかわらず、明らかに生活水準が違う。  どうみても勝ち目の無い戦いだったでしょう。

国の為に死を覚悟しつつも、家族の為に生きて帰りたいという葛藤は涙をそそりました。
やはりこちらの方が感情移入しやすいかも知れません。

映画が始まるまで待っているときに、戦争を生き抜いてきたと言うおばあさんがいろいろと話しをしてくれました。
バカな上官に殺された兵士も沢山いたそうです。
映画の中でもそのようなシーンが沢山ありました。
当時の戦地から生き返る事が非国民とされるような考えが無ければ、
もっと戦争の悲惨さなどを今の時代に伝えることが出来たのかも…

それにしても最近は戦争映画がやたらと多いような気がする。
これは一体何を私たちに伝えようとしているんだろう。

歴史の真実なのか、それとも戦争は起こしてはならないと言う警鐘なのか。
願わくば争いの無い世界を

スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://neofurio.blog48.fc2.com/tb.php/173-703769c3
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
こんなことがあったんだよ という事実(歴史)を伝えていくために、
戦争映画は必要なのかもしれない。
教科書だけでは伝えきれないから。
俺もDVDが出たら観てみよう~。
Posted by モルダー at 2006.12.10 23:17 | 編集
是非観てみてー
渡辺謙の栗林中将も、とっても良かったよ
精神論だけだった日本に、合理性を唱えて中級士官から反発を買っていました。
Posted by フリオ at 2006.12.11 19:49 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。